ご相談の前に

 ※大変長い内容ですが、よくお読みになって参考にして頂ければ幸いです。

探偵に相談や依頼をする事が初めてである事は当たり前の事です。

  • 皆様が人生の中で、調査会社や探偵に相談をしたり依頼をする事は、殆ど稀な事だと思います。企業様などが危機管理の一環として継続的に調査機関を利用する事は珍しい事ではありません。然し乍ら、個人の方は調査機関や探偵を利用する必要性を日々の生活の中では感じていないのです。多くの問題や危機に直面する事があっても調査機関や探偵に依頼する事でもないと考え、確実に鬼気迫る状況や切迫した問題に直面した場合、多くの方は警察や弁護士にご相談するというのが一般的です。

探偵に依頼する人が少ないのには2つの大きな理由(要因)があります。

  • それは大きな二つの要因があると考えます。ひとつは業界の「信頼性」です。インターネットで「探偵事務所」を探してみますと、驚くほどの数の事務所がある事がわかります。一番 の問題は何を基準に選べば良いのか不透明だという事です。結局のところ「大きな会社」か「値段の安い会社」というところで選択される事が多いのですが、「大きな会社」と言っても一般的な企業と違い、その「大きさ」というのにも疑問が残るのが実情です。家電製品を購入するなら「パナソニック」や「ソニー」といった一般的に衆知された業界ではないからです。
    探偵をインターネットで検索すると、「良い探偵の選び方」という記事をよく見かけます。書かれている内容は確かに選ぶ基準にはなりますが、実はこの「〜選び方」の記事は全てといって良いほど探偵事務所が自ら書いているものです。少なからずとも自社を有利にするため、或いは検索に引っ掛けるために載せているものです。例えば、「日本調査業協会に加盟している事」といったような記載をしている事務所もあります。確かにこれは否定しません。このような業界団体に加盟している事は優良な事務所である可能性が高いからです。然し乍ら、このような記載の大きな問題は、取り方によっては「加盟していない会社はダメ。」と暗に聞こえます。こういう偏った“表現”、“発言”をホームページに掲載する事をその業界団体の人がしているのです。これは大きな問題と言えます。それでは、そういった業界団体に入っている調査会社や探偵事務所は全体の何パーセントを占めるでしょうか?過半数に満たないどころか、それ以下というのが実情です。何故なのか?という論議はここでは不要なのでしません。
    「大きい会社」もどうなのか?「安い事務所」も不安。「業界団体に入っている」も、なんとなく確実に良いかどうかはわからない…とういうのが、この業界の真実の姿です。だとしたら、一体なにを基準にする事がベストなのか。一番は依頼経験のある友人・知人の紹介です。これは確実性が高いと思います。ですが、友人・知人に探偵を利用した事があるという人は少ないと思います。余談ですが、紹介の場合は逆に「探偵に依頼するのは止めた方が良い。」という人もいるでしょう。その人が以前に利用した探偵とトラブルがあったり、良い結果がでなかったなどが理由です。それでも、「そこの探偵事務所は良くなかった」という情報は得られますからデメリットではありません。話を戻しますが友人・知人から紹介を得られない人には一番良い方法があります。実は、私が「探偵の選び方」はこれしかないと思っている方法です。それは弁護士から紹介をしてもらう事です。これが一番確実です。それも、その弁護士や法律事務所が実際に利用した調査会社や探偵事務所である事です。弁護士が実際に利用した事がある調査会社や探偵事務所は、その後、弁護士がその「調査報告書」を裁判の資料として使用する事が多いため、「調査力」と「報告書」の質的レベルが高いと言えるからです。要するに調査会社や探偵事務所の良し悪しは、結局のところ、この「調査力」と「報告書」の質です。それに付随して、「この会社は依頼するのには安心ですが、ちょっと料金は高いですよ。」とか、「この会社は料金も融通が効くし、誠実ですよ。」といった情報も得る事ができ、選択肢を狭める事ができるのもメリットのひとつです。
  • もうひとつの要因は高額な料金です。この業界には料金の統一性がありません。ある業者は30万円と見積もりし、ある業者は300万円と見積もりをだしたりもします。理由は通常の会社ならば「人員効率」というものが会社の規模(オフィスの広さや従業員の数、経費など)で割出され、さらに商品やサービスの需要と供給に基づき販売商品の値が定められたりするのです(※これが全てではない)が、まず調査会社や探偵事務所の場合は一般の商品やサービスと比べて需要(機会)は少ないといえます。醤油や味噌のように、無かったら生活に差し迫って困るものではないからです。調査会社や探偵事務所の料金に反映されるのは、広告宣伝費と人件費です。特に探偵事務所で高額なところは、広告宣伝費が大きな割り合いを占めます。ある大手といわれる探偵会社では数百万円の見積りが当たり前で、一時は100万円以下の依頼は受け付けず、下部組織や他の団体に全てまわしていた、とも聞いた事があります。(※事実は定かではないが。)また、こうした高額な料金を設定している会社は依頼の数に見合った調査員が社員として在籍していないというのが実情です。依頼を受けると業務委託という下請け業者がいて、殆どが下請けに現場を任せます。その下請けをするのが探偵業の届け出をしている全国で約5,000業者の過半数以上を占めているとされる小さな探偵会社や個人探偵事務所です。話はそれますが、つまり「大手」だからと依頼したが、実はその調査をやっているのは違う会社や事務所の人間であるというのが大半を占めているわけです。そのような訳で、「規模」ではなく弁護士などの有資格者から紹介を受ける事が一番確かだという事がご理解頂けると思います。
  • ホームページや誇大広告などの宣伝内容を決して鵜呑みにしない事が良い探偵に出会う秘訣です。 悩んでいる問題が切迫した状況で藁にもすがりたい時、冷静な判断ができないものです。思いついたようにパソコンやスマホで検索し、目についた探偵のホームページの文言にすがってしまうのも仕方のない事です。できるだけご家族や周囲の信頼できる方にご相談する事が第一歩です。調査を必用とするならば、信頼できる家族や友人知人に相談し、しっかりとした見識をもって選ぶ事が重要です。

弊社のスタンス

  • 弊社では、ご来所されたお客様に必ず「弁護士先生にはご相談はお済みですか?」とお訊ねしています。調査会社や探偵会社は法律の専門家ではありません。そのため軽はずみな法律論は無責任であると考えています。一番良いのはお客様のご相談内容の最終目的を達成するために弁護士先生の見解を求め、その趣旨に基づいて有効な調査手法で調査を進めるべきなのです。
  • 弊社ではお客様のご相談内容をお伺いし、状況やご予算を考慮して一番ベストの方法とプランをご提案致します。必ずしも料金表にこだわらず、柔軟に対応させて頂きます。

弁護士に知り合いがいない、どこの弁護士に相談したら良いかわからない・・・下記をご参考に。

  下記はあくまでもご参考にして下さい。弁護士に相談して調査をする必要がなければ、それに越したことはありません。

  • 森・濱田松本法律事務所    〒100-0013東京都千代田区丸の内2-6-1        ☎03-6212-8311
  • 長嶋・大野・常松法律事務所  〒100-0013東京都千代田区丸の内2-7-2        ☎03-6889-7274
  • 吉岡睦子法律事務所      〒160-0022東京都新宿区新宿1-35-3アクシア新宿御苑910  ☎03-5379-7137(特に浮気・離婚問題に強い)
  • ライズアクロス法律事務所   〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-12-2          ☎03-6712-6580
  • 新井・小口・星出法律事務所  〒104-0061東京都中央区銀座1-14-10松楠ビル802     ☎03-5159-0900
  • 法律事務所オーセンス六本木  〒106-0032東京都港区六本木4-1-4           ☎03-3585-2666(浮気強い)
  • 法律事務所オーセンス北千住  〒120-0034東京都足立区千住4-19-11        ☎050-2018-2208(浮気強い)
  • 銀座紺碧法律事務所      〒104-0061東京都中央区銀座8-18-3DJ銀座ビル3F      ☎03-6264-7808
  • 誠法律事務所         〒271-0092千葉県松戸市松戸1336東風園ビル        ☎047-367-5301

TBI東京ベイ調査事務所 神奈川オフィス