​​浮気(不貞)調査

​調査方法と料金の妥当性を理解しましょう

​​浮気調査の費用対効果を知る

3028030_s.jpg

​​慰謝料・養育費等と調査費用

慰謝料〟とは何なのでしょうか。そもそも、慰謝料とは肉体的・精神的な苦痛を被った事に対して相手方に請求できるお金の事を言います。その額は、肉体的及び精神的に被った度合などによって決まるようですが、〝浮気(不貞行為)〟の場合、様々な法律事務所などではその相場は100万円~200万円くらいが現実的であるようです。相手方の属性や離婚に至る経緯、婚姻の年数、子供の数等によっても様々である事はいうまでもありません。

慰謝料を調査費が上回ってしまったら、調査の意味がなくなります。但し、慰謝料には〝制裁〟の意味合いも含まれますので、ご依頼者の調査目的に依るところとなるでしょう。

下記のシュミレーターで慰謝料や養育費の概算を調べてみましょう。(法律事務所等からリンク)

​​一般的な浮気調査の費用

4363684_s.jpg

料金体系に惑わされない

​探偵事務所や調査会社によって料金体系(システム)は様々な表示や案内がされています。「完全成功報酬」、「パック制」、「時間制」などが主な料金体系です。どの料金システムであろうが、慰謝料等との費用対効果が著しく合わず、これを上回ってしまえば殆どの方が〝探偵に依頼しなければ良かった〟と思うでしょう。つまり、どの料金体系が良いとか良心的であるといった事は言えないのです。たとえば、総額10万円で結果がでる調査に、何人もの調査員を使い、何日も調査を行って総額150万円の費用をかけては、その調査の大部分が無駄な調査という事になります。〝成功報酬〟や〝パック料金〟が悪いわけではありません。しかし、最初に契約で取り決められた料金は支払わなくてならなくなります。浮気調査は、特段のケースを除いて、殆どのケースで総額10万円~50万円程度で調査が可能です。したがって、料金体系に惑わされず、その探偵社の調査方法などをしっかりとご納得した上で調査の依頼をする事が重要です。

​​他社のお見積り、疑問を感じたら弊社のお見積りとお比べ下さい。(完全無料)

弊社が低料金で結果が出せる理由。

715001_s.jpg

ご相談時のヒアリング

​​経緯や現状、調査対象者の特性などを綿密にお伺いします。

​調査は、ただ闇雲に実施しても無駄が多くなります。事前に調査対象者の事やこれまでの経緯、そして現状をしっかりとお聞きする事が大変重要です。そうする事で正しい方法論を導き出す事ができます。また弊社では必ず予備調査を行います。開始現場の地理的な要素はGooglemapなどでも確認はできますが、実際に確認してみるとかなりイメージと異なる場合があります。現場を詳細に確認して、張り込み位置や調査対象者の使用車両の確認などを正確に把握する事で現場の調査員に正しい指示が出せるものです。これを弊社では当然のように行い、この予備調査には費用を頂いておりません。

お問い合わせ
4363635_s.jpg

無駄な費用はかけない、無駄な調査は行わない

効率の良い、有効な方法論のご提案と実施

​浮気調査や素行調査などの〝行動調査〟は、一般的に〝張り込み〟と〝尾行〟が主な手段となります。しかし、この張り込みも単に車両やバイクを用意して行うと、状況によっては調査対象者に怪しまれたり、近隣からの通報で警察官から職質を受けたりして、最悪は調査を悟られてしまう事に繋がりかねません。そこで弊社は状況に合わせて特殊機材(無料)を活用して監視する事で、調査員の身を晒さずに監視する事もあります。また調査中、継続が無駄であると判断した場合はその理由を明確にご依頼者にご説明し、直ちにその日の調査を中止する事もあります。予備調査や頭脳と経験を活かした調査手法(方法論)こそ、弊社が無駄な費用をかけずに結果を出せる秘訣です。