​​不貞調査

​​プロの調査力で浮気の証拠を。

個人のお客様で最も多いご相談が不貞問題です。家庭の大変重要な危機管理問題と言われます。弊社では法律事務所にご相談された方が、多くご依頼に来られます。また法律事務所にご相談する事を強く勧める弊社では、弁護士の見解をもとに調査を実施します。これはお客様に無駄な費用をかけさせないためで、離婚問題にも発展する不貞は、ほとんどの場合、弁護士へのご相談が必要となるからです。
弁護士の見解を求め、その指導のもとに調査を行う事で、費用を抑えられると同時に不貞行為をした配偶者に慰謝料・養育費・財産分与等は勿論のこと、不貞相手に対しての慰謝料請求も優位に運ぶ事ができます。不貞(浮気)調査は、まさに家庭の危機管理と言っても過言ではありません。

3028030_s.jpg
 

​遠隔浮気調査と遠隔証拠撮影

​低予算、ピンポイントで証拠を押さえる

​​遠隔追跡で調査対象者の動向を探る

近年、多くのお客様は大変賢く、ある程度自身で片方の配偶者による不貞(浮気)事実を確信のもとにご相談やご依頼に来られます。問題は、単にその不貞行為の日時を絞れない事です。ある一定の条件を満たしていれば、その動向を探る事が可能です。調査対象者の移動手段が自動車や自転車である場合や、外出時の所持品が常時決まっている場合は、弊社の高性能で小型のGPSを貸与させて頂き、その動向を探る事が可能です。これにより、不必要な人員(調査員)の配置、監視の必要はなく、低予算で結果を出す事ができます。(予算:一日5,000円程度)

3246098_s.jpg

​​遠隔証拠撮影

別居中などで、不貞相手を自宅に招いている、すでに同居しているなどのケース。または不貞相手とラブホテルなどに宿泊しているなどの場合、調査員を配置・監視はせずに遠隔で特定の施設・建物からの出入りを撮影する事が可能です。調査料金を抑えたい、張り込みを依頼したいが、その場所のロケーションから張り込みが発覚していしまうのではないか?というようなご不安を解決します。誰にも知られる事なく、遠隔操作で極秘裏にその証拠を撮影します。
(予算:一日8時間 25,000円)

402859_s.jpg
 

​​調査員を配置して浮気調査

​​遠隔調査が困難なケースをプロの調査員が確かな証拠をおさえる

ご指定の日時に尾行よる調査

調査員は2名~4名。調査員数や調査員の性別に関係なく調査料金は一律。増員した事で費用が増える事はありません。調査対象者の交通手段、様々なケースに応じて女性調査員を起用したり、状況に特化したチームを編成して調査員を配置して結果を出すための調査を行います。
費用の概算は、100,000円~500,000円程度。弊社は浮気調査の上限を原則として定めています。これはご依頼者が浮気調査の延長線上に法律事務所への相談をする事を念頭に置いているからです。これまで他社など多くの場合、調査費用にお金がかかり過ぎるために法律事務所へのご相談ができないという事がありました。慰謝料等と調査費用との費用対効果が予算に見合わないという事では調査を行う意味がありません。ご予算の事などご安心してご相談下さい。

3550783_s.jpg

​​一定の期間で調査結果を出す調査

​​ご相談内容をお伺いし、一定の条件がそろえば、調査員数や機材、調査手法など全て弊社にお任せ頂き、調査結果をご報告します。この場合、日時のご指定はできませんが、一定の期間内でその確実な証拠を撮り、結果をお出しします。調査対象所の浮気の日時や動向が全く不明な場合に低予算で調査をする事が可能です。これについても上限を定めておりますので費用がかかり過ぎる事がなく、ご安心してお任せ頂けます。​​

4363635_s.jpg